果樹

ブルーベリーは病害虫に強く丈夫なので、無農薬で容易に育てることができます。

 

難しい手入れはほとんど必要ありません。

 

春にはスズランのようなかわいらしい白い花を咲かせ、夏には
うす緑から青紫へと色を変えていく美しい果実、秋には真っ赤な
紅葉と、一年を通して存分に楽しめます。

 

果実は順々に色ずくため、長い間収穫を楽しむことができます。
生食でとてもおいしく、視力向上や疲れ目に効果があるアントシアニン
が豊富です。

 

即効性が高いので、毎朝食べると良いようです。
また、病気や老化の進行を遅らせるという抗酸化作用、ガン予防に良いという
エラグ酸抗菌作用、食物繊維も豊富です。

 

ブルーベリーはあまり大きくならず、また根張りが浅いため、コンテナ栽培することもできます。

 

品種

 

ローブッシュ系
樹高14?40cm。果樹が少なく生食には向かない。

 

ハイブッシュ系
果実は大きく、品種が良い。寒冷地でも栽培可能。樹高1.5?3m。

 

ラビットアイ系
品種は良いが、寒さに弱いため寒冷地での栽培には向かない。

 

ブルーベリーは200種以上もの品種があるといわれています。北海道では育たない
品種も多いので、品種選びには注意が必要です。

 

北海道では寒さに強いハイブッシュ系を選びます。ただし、積雪より上に出た枝は
寒風で枯れることがあるので防寒対策をします。

 

 

幼木時には、あまり株が大きくなりません。幼木のうちは花芽を剪定
して実をつけさせず、株の充実をはかるなど工夫が必要です。

 

より早い収穫を望むときは、1年ものの苗木ではなく、2?3年ものを選ぶことを
お勧めします。

 

育て方

 

2メートル程の株に育ち酸性土壌を好みます。酸性土壌を作るには、ペーパー調整のしていないピートモスを植え付け土壌にたっぷりと混ぜ込みます。

 

一般的な果樹に使用する石灰は絶対に与えないようにします。

 

日ごろの管理では、水切れに注意します。ブルーベリーは乾燥に弱く、また用度に
使われるピートモスの性質から、一度水が切れると吸収しにくくなります。

 

コンテナ栽培では特に、バークチップなどで株元にワラや落ち葉、堆肥や
ビニールシートなどを敷いて土を覆うなどしたり、こまめに水をやります。

 

肥料は、春に油かすなどの有機質肥料を少々与える程度で十分です。
逆に肥料の与えすぎは根焼けを起こすので注意します。

 

病害虫には強いのですが、まれに毛虫やコガネムシが付くことがあります。
見つけたら捕殺します。

 

収穫

 

ブルーベリーは濃い青紫色になったら収穫適期です。一斉に成熟せずに、1カ月ほど
かけて順々に色づいていくので、長い間収穫が楽しめます。

 

冷涼な気候の北海道は、本州産よりも適度な酸味があっておいしいと
いわれています。

 

収穫した実は冷蔵庫で1週間ほど持ちます。ベリー類では長持ちするほうです。
冷凍保存もでき、1年程持ちます。

 

食べきれないときには冷蔵や冷凍保存しておき、食べる分だけ取り出して加工
しましょう。

 

ジャムや果実酒、また、菓子、肉料理などさまざまな料理に使える万能な果実です。

 

抗菌作用

 

ブルーベリーのアントシアニンには過剰に発生した有害な活性酸素を抑える働き
または活性酸素を消去する作用があります。

 

増やし方

 

挿し木で増やすことができます。3月ころに枝を切り紙に包んで
冷蔵庫で保管し、春にピートモスと赤玉土を混ぜた用土に挿します。乾燥しないように
水をやり、翌年春に鉢上げします。

 

ラズベリー
実のなる木の中でも食べて楽しめる、ガーデニングの素材として取り入れやすい、樹高が低く、栽培が容易な 小果樹を中心に紹介しています。
ブラックベリー
実のなる木の中でも食べて楽しめる、ガーデニングの素材として取り入れやすい、樹高が低く、栽培が容易な 小果樹を中心に紹介しています。
コクワ
実のなる木の中でも食べて楽しめる、ガーデニングの素材として取り入れやすい、樹高が低く、栽培が容易な 小果樹を中心に紹介しています。
ハスカップ
実のなる木の中でも食べて楽しめる、ガーデニングの素材として取り入れやすい、樹高が低く、栽培が容易な 小果樹を中心に紹介しています。
カシス
実のなる木の中でも食べて楽しめる、ガーデニングの素材として取り入れやすい、樹高が低く、栽培が容易な 小果樹を中心に紹介しています。