さくら 花 ハーブ

ソメイヨシノはヤマザクラ郡とエドヒガン郡が自然交雑してできた品種です。品種に
よっては大きくなったり、横に広がったり、あまり大きくならないものもあります。

 

さくらは剪定すると枯れてしまうこともあるのでむやみに伸びた枝など切らないで
枯れた枝を切るくらいにしておきます。

 

庭に植えるにはあまり大きくならないヒガンザクラ系の中型種やフジザクラ系の
小形種がよいです。

 

植えつけは苗木のときがよく、植え付けの穴は、大きめに掘ります。

 

さくらは肥沃で水はけが良く、日当たりの良い場所が最適です。

 

毛虫が発生することが多いので、花が終わるころから9月いっぱいまでは
定期的に殺虫剤を散布します。

 

枝のつけ根がこぶ状にふくれ、貧弱な小粒がたくさんはえてくるテングス病が
発生したときはその枝をつけ根から断ち切り殺菌剤を塗ったあと
保護剤の接ぎロウで保護します。

 

 ≪さくらの木の増やし方≫

 

挿し木、接ぎ木で増やすのが簡単です。

 

   ≪さくら前線≫

 

さくらは日本の国花で人々は昔から春に咲く、さくらを心待ちにしています。
さくらの咲き方でその年の農作物の豊凶を占っているところもあるようです。

 

現在では気象庁がソメイヨシノをもとに、サクラの開花予報や
サクラ前線を発表しています。

 

さくら前線は、ソメイヨシノの開花日が等しい地点を結んだ線のことで、春の暖かい
気温が北上するにつれ、南から北へ、低地から高地へとすすんで行きます。

 

九州で3月下旬頃咲き始めて北海道ではゴールデンウィーク直後から
5月中旬頃に咲き始めます。

 

そのころには他の春咲きの花々もいっせいに咲きそろい
5月の北海道は、まさに百花繚乱の季節です。

 

一方、秋には紅葉が始まりますが、紅葉の等期日線を結んだものを

 

「紅葉前線」と呼びます。

 

これは、さくらとは反対に北から南下して行きます。

 

 

レンギョウ
レンギョウは2m位の落葉低木で地面に届くほど    しだれた枝に、鮮やかな黄色い花をびっしりと 咲かせます。レンギョウは耐寒性 耐暑性とも強く全国で栽培できます。
シャクナゲ
シャクナゲには日本の各地に自生している 日本シャクナゲと中央アジア原産で イギリスなどで改良されたセイヨウシャクナゲが あります。シャクナゲの花の美しさでは セイヨウシャクナゲのほうがまさっています。
バラ
バラは19世紀以降、品種改良が続けられ、現在では多くの品種があります。 バラには大輪、小輪、木バラ、つるバラがあり それぞれ美しい花を咲かせています。
アジサイの育て方
アジサイには 日本原産のアジサイと、西洋アジサイが あります。梅雨から夏にかけて咲くあじさいの蕾は 白色ですが、開花すると青や桃色になり 最後は淡紫色になるなど花の色が日ごとに 変化するところから七変化と呼ばれています。