バラ 花とハーブ

 

   ≪バラの品種≫

 

◆イングリッシュローズ

 

独特な花形や香り高い芳香を漂わすオールドローズに、四季咲き性や
多彩な花の色彩をもつ、モダンローズをマッチして育成した新しいタイプのバラです。

 

◆オールドローズ系

 

1867年までに作られていた原種のバラで、シュラブローズなどを「オールドローズ」
と総称しています。

 

オールドローズのバラは花の色彩も限られ豪華さはありませんが
鮮烈な香りを放ちふんわりとした花形をし、一季咲きが多いのが特徴です。

 

また、丈夫で手がかからないものが多いです。

 

◆フロリバンダ系

 

横方向に伸びる性質が強く、樹高はせいぜい1m位。花の直径が10?前後の中輪の
四季咲きのモダンローズです。

 

花数は多く、一本の茎に一度に30輪以上の中輪の花をつけ、花が房になって咲くので
特に庭や花壇に適したバラです。

 

原種本来の香りを持つ品種は、それほど多くありませんが初心者には
育てやすいバラです。

 

◆ミニアチュア系

 

「ミニバラ」として売られているこのバラは、矮性で樹高は15-40?で
花の直径も2?程度のものが多いです。

 

四季咲き小輪バラで一茎に沢山の花を房状に咲かせます。

 

株自体も大きくなりにくいため、狭い庭や、ベランダなどでのコンテナ栽培に
適しています。

 

◆クライミング(つるバラ)系

 

日本では「つるバラ」と言われるこのバラは「クライミング」、あるいは「クライミングローズ」ともいわれ、数メートルに達するつる性の枝を多数発生させます。

 

春には株いっぱいの花をつけ豪華な様子を演出してくれます。

 

アーチやフェンスにからませて楽しむのが一般的です。

 

花の大きさは様々で大、中、小輪があり、開花期も一季咲き、四季咲きがあります。

 

◆ハイブリッドティー系

 

四季咲き性を持つティ・ローズと、大輪多花性の性質を持つハイブリッド・パーペチュアルの交配によりつくられたバラです。

 

四季咲き大輪で、花の直径が15?以上になるものもあります。
一本の茎に一つの花をつけ剣弁高芯咲きが多く花色も豊富です。

 

多くの品種があり、初心者にも育てやすいバラです。

 

   ≪剪定≫

 

バラは枝を切ってあげると新芽が伸びて花をつけます。

 

良い花を咲かせるために 枝が伸びすぎたら、その部分をハサミで切り落とします。

 

今年、花をつけた枝は芽の上のところで切ります。枯れた枝は根もとからノコギリで
切り取ってあげます。

 

幹が上に伸びていく木バラのうち四季咲きのものは、春の花が終わったら
花の下にある葉が5枚ついている枝の上で剪定します。

 

また、冬になったら、四季咲きのものは枝の3分の?、一季咲きのものは
2分の?くらい残す程度に剪定します。

 

つるバラは、冬の間に、新しく伸びてきた枝をフェンスなど支柱に絡ませ
古い枝は根もとから切っておきます。

 

   ≪肥料≫

 

肥料は冬季には堆肥と鶏糞を根のまわりに埋め込み、6月と9月ごろには油粕と
化学肥料を混ぜたものをやります。

 

このほか病害虫も多いので3月下旬?9月には定期的に薬剤散布を行うことが大切です。

 

   ≪苗木の選び方≫

 

バラは4月中旬から6月にかけては新苗、11月から3月にかけては大苗が売られています。そのほか鉢バラも売られています。

 

大苗は年の暮れに植えつければ翌年、年が明けてから植えつければ、その年に
花が見られるのが魅力です。

 

   ≪つるバラをフェンスに這わせる≫

 

まず新しい枝を残して古い枝や枯れた枝などを切り取ります。そして下の枝から枝先を
もって大きく回すようにして少しずつ曲げていって麻縄などでフェンスに固定します。

 

無理にまげて枝を折らないようにします。

 

 

レンギョウ
レンギョウは2m位の落葉低木で地面に届くほど    しだれた枝に、鮮やかな黄色い花をびっしりと 咲かせます。レンギョウは耐寒性 耐暑性とも強く全国で栽培できます。
さくら
さくらは日本の国花で多くの人に愛されている花です。 さくらには多くの種類があり、花が咲いてから葉っぱが 出るタイプや葉と同時に花が咲く タイプなどがあります。
シャクナゲ
シャクナゲには日本の各地に自生している 日本シャクナゲと中央アジア原産で イギリスなどで改良されたセイヨウシャクナゲが あります。シャクナゲの花の美しさでは セイヨウシャクナゲのほうがまさっています。
アジサイの育て方
アジサイには 日本原産のアジサイと、西洋アジサイが あります。梅雨から夏にかけて咲くあじさいの蕾は 白色ですが、開花すると青や桃色になり 最後は淡紫色になるなど花の色が日ごとに 変化するところから七変化と呼ばれています。